発達を理解する

表面的な考察から発達の本質を捉えた考察へ
 一つ一つの発達や子どもの姿の裏にあるそのメカニズムや背景を理解する。

発達支援を形だけで終わらせない

自らの保育が子どもの発達の何に効果があったのか?
保育の意味を常に意識した実践に導く。

本質を捉えた考察へ

偶発的な事柄における体験だけでは、子どもが必要とする発達や経験すべき事柄を獲得していくのは難しいと言わざるを得ません。

就学前までの重要な時期に、経験すべきことを経験し、子どもの発達しようとする力や機会を保障していかなければなりません。その為には、発達に対する具体的な目標や評価項目などをベースに子どもの発達や姿を念頭に入れ、目的的に関わりながら保育を展開することが大変重要となってきます。
発達のメカニズムや育ちゆく背景を具体的に理解し、合わせてそれら発達の持つ重要性や意義を認識する。このことが、『自らの子どもへの働きかけが子どもの発達にどのような効果をもたらしていくのか』を常に意識した保育へと導いてゆきます。

「メカニズム」「保育原理」「発達ビュー」機能を通して、発達の本質を理解し、また、発達の時期や流れ、つながりをビジュアル的に得られる工夫を施しました。

メカニズム解説機能

どうして子どもは「○○できる」ようになるのか?
今日の子どもの為に何ができるのか?

どうしてそのような発達の視点が必要なのでしょうか?
どうしてそのようなことが出来るようになるのでしょうか?
それはどのような育ちにつながっていくのでしょうか?

発達項目を表面的に「できた」「できない」式に記録するだけでは、子どもを捉えているとは言えません。

発達のメカニズムを捉える

こうした発達のメカニズムやその背景、つながりを理解していくことで、子どもの育ちを支える為の関わりや環境構成などへのイメージが豊かに広がっていきます。発達項目一つ一つの意味やメカニズムを各種論文等を対象に丁寧に検証し、最新の知見を基に独自に書き下ろした解説情報をボタン一つでいつでもご覧頂くことができます。
“子どもの発達に関する専門的知識”は、保育における発達支援を支える根幹的な専門性です。こうした知識を通して保育を言語化し理論化することが、保育の質を高めるばかりか、地域や利用者等への説明責任を果たすことへもつながっていきます。

保育原理解説機能

全ての発達項目を保育原理に展開

発達調査項目はゴールではなく、更なる発達への準備であり連続した変化の一部でもあります。また、発達調査項目に表現される子どもの姿は、ある日突然現れるわけではありません。乳児期からの養護と教育を通した不断の関わりがあるからこその姿です。そのことを発達調査項目ごとにおさえるべき保育原理として確認できるよう、保育所保育指針及び幼稚園教育要領の「ねらい」「内容」「配慮事項」「内容の取り扱い」の中から、当該発達項目に関連する記述を予め抜き出し表記しました。

メカニズム

CCWの考察1

発達項目一つ一つに表される子どもの姿の背景となる発達のメカニズムを丁寧に解説しました。なぜ当該発達項目を保育の視点、あるいは発達の視点として観察する必要があるのか、なぜこのような発達をしていくのか、これがどのような発達につながっていくのか…。
保育指針等々に記述される右肩上がりの形式発達を表面的な子どもの姿として「知っている」だけではとうてい専門的知識を持っているとは呼べません。当たり前だと思い込んでいた発達理解が、今日的には根拠の無い言い伝えであったり、非常識であることも多々あります。
最新の知見に基づいた情報が、保育者同士の議論の質や記録・計画に書き込まれる内容の質はもちろん、保護者とのコミュニケーションの質、育児相談の質を格段に向上させます。

保育原理

CCWの考察2

ヒトが人間として社会化しながら成長していく上で、乳幼児期はその基礎を培う時期として大変重要なことは言うまでもありません。
養護と教育の一体的な営みを通じて子どもの育ちを支えていく為におさえておきたい、“保育者等が行なうべき援助や関わり”、“心情・意欲・態度から捉えた子どもの姿”を「保育原理」として、発達項目一つ一つについて丁寧にまとめました。
保育所保育指針や幼稚園教育要領に示された大綱化された子どもの姿を具体的な子どもの姿として理解していく上でも、大変重要な解説機能です。

ご契約者様アクセスコード

ちょっぴりChildCareWeb

検索・お問い合わせ

フィード

Copyright(c) 2013 CHS子育て文化研究所 All Rights Reserved.