新着情報

機能追加・仕様変更 2017年05月25日

書類に画像を貼り付ける機能を追加

計画書等に画像を貼り付ける機能を追加しました。

※ 当機能をご使用になる場合には、管理画面の書類デザイン機能により、画像を貼り付けるための機能を組み込む必要があります。

当機能が追加されたパーツ(書類上の枠で囲まれている四角い範囲)に表示される「画像」ボタンにより書類上に画像をアップロードすると、書類上に画像が表示され、次の操作ができます。

「フィット」
パーツ内で収まる最大のサイズで、パーツの枠に接するように画像を表示します。
画像の縦横比は変更しませんので、パーツと画像の縦横比が違う場合は、上下、または左右のいずれかに余白が生まれる場合があります。
アップロードされた画像そのものがパーツよりも小さい場合、あるいはアップロード時の自動縮小サイズ(縦640px×横640px)よりもパーツが大きい場合、保存されている実際のサイズで画像を拡大せずに表示します。この場合「フィット」でも、画像サイズが不足する右あるいは下に余白が生じます。

「75%」「50%」等
パーツの縦横75%、50%等の大きさに収まる最大のサイズで画像を表示します。
画像の縦横比は変更しません。
この機能は、画像データを加工するのではなく、表示サイズを変更する機能ですので、当操作により画質が落ちることはありません。

「中央」「左上」等
パーツ内の画像を表示する位置を指定します。
たとえば横長のパーツに正方形の画像を「フィット」で表示している場合、「左上」と「左下」は同じ左寄せとなり、表示状態に違いはありません。

「反転」
画像の上下を反転します。連続して2回リックすると元に戻ります。
左右を反転したい場合は、「反転」→「@90°」→「@90°」の順に操作してください。

「@90°」
画像を時計回りに90度回転させます。4回クリックすると元に戻ります。
画像の縦横比が変わらずにパーツのサイズに合わせて画像の大きさが調整されるため、長方形の画像を長方形のパーツに表示している場合、回転により画像の面積が変わる場合があります。

(ご注意)
・ 一つのパーツに、当機能による画像と文字列との両方が表示される場合、画像を背景として文字が表記されます。
・ 書類デザインの初期画像が存在する場合、書類生成直後には初期画像が使用されます。初期画像は生成時に一度だけ読み込まれます。そのため、生成された書類上で初期画像を削除した場合、書類上で画像をアップロードし直すか、または書類を生成し直さない限り、初期画像を読み込み直す方法はありません。

ご契約者様アクセスコード

ちょっぴりChildCareWeb

検索・お問い合わせ

フィード

Copyright(c) 2013 CHS子育て文化研究所 All Rights Reserved.