新着情報

機能追加・仕様変更 2017年01月26日

計画書類の自動文字サイズの最大値設定機能を追加

計画書類の自動調整される文字サイズの最大値を指定できる機能を追加しました。
文字サイズは、計画書類の操作画面、または編集画面上の「最大文字」で変更できます。

通常、書類上の文字の大きさは、枠の中に納まる最大のフォントサイズで自動調整されます。そのため、大きな枠の中に短い文章が記入されている場合は大きな文字になり、小さな枠の中に長い文章が記入されると小さな文字になります。これは枠の空間を有効活用する意味では便利ですが、文字の大きさがバラバラになることから見栄えが悪く感じることがありました。

今回、当機能により「最大文字」を調整することで、この「見栄え」を改善することができるようになりました。たとえば、「余白ができても構わないので、書類全体の雰囲気を統一したい。」という場合に当機能をお使いください。

当機能をご利用の際は次の点にご留意下さい。
1.ここでの指定は最大サイズです。枠に収まらなければ縮小されます。
2.文章編集ウィンドウで手動設定した文字サイズは固定です。当値に影響されません。
3.ブラウザやパソコンで設定されている最小文字サイズより小さくはなりません。
4.同じクラスの最後に作成した書類に設定されている最大文字サイズが、次回類似書類を作成する際の既定値になります。
5.すでに作成済みの他の書類には影響しません。

ご契約者様アクセスコード

ちょっぴりChildCareWeb

検索・お問い合わせ

フィード

Copyright(c) 2013 CHS子育て文化研究所 All Rights Reserved.